統計学の初心者が最初にすべきこと

シロート統計学講座

シロート統計学講座「其の2」

今回は統計学の初心者(ほとんど知識ゼロに近い人)が最初に何から理解すればいいのかを説明します。何事もスタートダッシュが肝心です。私と一緒に統計学の勉強をスタートさせましょう

▼其の1がまだの方はこちら▼

理学療法士が統計学を学ぶ理由
シロート統計学講座「其の1」
スポンサーリンク

なぜ統計学の勉強に挫折するのか

「統計学を勉強したい」と思っている人は案外多いと感じています。

 

でもほとんどの人は「勉強を始めてみたものの挫折してしまった」とか「興味はあるけど時間がなくて」とかで、実際に勉強している人は少ない印象です。しっかりと勉強を継続して、実践レベルまで至る人はほんの一握りではないでしょうか。

 

なぜ多くの統計学初心者が勉強に挫折してしまうのでしょうか?

 

それは統計学の教科書を開いたときに難解な数式意味不明な単語が目についてしまうからだと思っています(私もそうでした!)。皆さんも統計学と聞くと、難しい数式や記号を理解しなくてはいけないものだとイメージしてしまいませんか?

 

ここではっきりと述べておきたいのですが、初心者が統計学を勉強し始める場合、難しい数式や記号を覚える必要はありません!

 

そこは統計学の専門家が理解すればよい所(もしくはある程度勉強が進んでから学べばよい所)であり、私たち初心者は初めは全く理解しなくて良いとさえ思います。なぜなら実際に統計解析を行うのは統計ソフトであり、私たちが計算することは一切ないからです。

 

多くの教科書では初めに統計学の基礎みたいなコーナーがあり、統計解析の原理とか、P値の意味とか、正規分布の意味とかの説明がズラッと並んでいますが、それを1から読もうとすると、統計解析を行うところまでたどり着けずに挫折してしまいます。

 

もちろん最終的には理解しておいた方が良いですが、初心者は全然知らなくてもOKだと思います。学問を学ぶには理論→方法が王道ですが、統計学の場合は理論から入るとハードルが高すぎるので、方法から入った方が理解しやすいと感じます。

統計学初心者は何から勉強すればいいのか

初心者が統計学を学ぶ場合、以下の手順で勉強することを私はおススメします。

理解までの4STEP

STEP1 統計解析の種類
STEP2 統計解析の選択方法
STEP3 統計解析の実施方法
STEP4 統計解析の結果解釈

簡単に説明しておきますね。

STEP1:統計解析の種類

ここでは医学系の研究で用いられる主な統計解析にはどんな種類があるのか、きっちりと押さえます。つまり統計解析の全体像を掴むということです。相手に勝つにはまず敵を知ることです。統計解析の種類を理解するために必要ないくつかの専門用語を理解します。

STEP2:統計解析の選択方法

次に統計解析の選択方法を学びます。つまりSTEP1で学んだ統計解析の中からどの種類を選択すればいいのかを理解します。選択するために必要となるいくつかの専門用語と、選択のための思考回路を理解します。

STEP3:統計解析の実施方法

選択した統計解析を実際にどのように実施するのかを学びます。つまりは統計ソフトの使い方です。当講座では最強の無料統計ソフト「EZR(イージーアール)」を用います。まずはシンプルな群間の比較を主に行います。

STEP4:統計解析の結果解釈

統計解析の結果を正確に解釈するための知識・方法を学びます。統計解析は群間の比較だけを行っても、なかなか正確な結果を得ることができません。そこで2つの数値の関連を見たり(相関)、群間の背景因子を調整する(多変量解析)などの工夫が必要となってきます。

まずはSTEP1!

初心者の方は、とにかくまずはSTEP1を踏み出すことが大切だと思います。統計解析の全体像を掴むことができれば、その先すんなりと理解していけるはずです。

 

全体像を掴まずに勉強をしていると、結局なにを勉強しているのか、どこに向かっているのか、今の到達度はどの程度なのか、が全然分からなくなります。

 

統計学は教科書を眺めていても全体像が見えにくいので、上で示した4つのSTEPを踏むことで、全体像を掴みながら統計解析の実践まで学んでいけると思います。その他の細かい内容を勉強するのはそのあとで十分間に合いますよ。初心者の方が迷子にならないよう、なるべくきっちりと先導しますので、一緒に勉強してみましょう。

▼其の3へ続く▼

統計解析にはどんな種類があるのか
シロート統計学講座「其の3」

>>>シロート統計学講座のTOPへ戻る

コメント