おすすめ参考書籍

シロート統計学講座を作成するに当たって参考にしている書籍をご紹介します。私も全くのシロートの状態から、これらの書籍をじっくり読んで少しずつ統計学が分かってきました。興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

①初心者でもすぐにできる フリー統計ソフトEZR(Easy R)で誰でも簡単統計解析

初心者におススメしたいNo.1はこの書籍です。著者である神田善伸先生はEZRの開発者です。全体的に平易な言葉で説明がなされており初心者でも理解しやすいです。またサンプルデータをダウンロードして、一緒にEZRを操作しながら学ぶことができます。最初の取っ掛かりとしてBestな一冊です。

 

②EZRでやさしく学ぶ統計学

Amazon.co.jpで買う

こちらも神田先生の書籍です。この書籍は言うなれば①フリー統計ソフトEZRで誰でも簡単統計解析のアドバンス版です。EZRの操作法や統計学の知識がより詳しく書かれています。「やさしく」と書いてありますが、全くの初心者の場合だとやや難解に感じるかもしれません。しかし、EZRの操作に慣れて、さらに深く統計学の解釈を学びたいときに必要となる書籍です。

 

③みんなの医療統計 多変量解析編

こちらは多変量解析を学びたい方は必読です。新谷歩先生は大阪市立大学大学院の医療統計学講座教授で、EZRを用いた医療統計の普及に貢献しておられる方です。多変量解析について平易な言葉で説明がされており、かつEZRの具体的な操作方法も綺麗に記載してあり、とても分かりやすいです。

 

参考書籍は随時追加します。