統計解析にはどんな種類があるのか

シロート統計学講座

シロート統計学講座「其の3」

今回からいよいよ統計学の具体的な勉強に入ります。「其の2」では、初心者の方が統計学を学ぶ場合には以下の手順で勉強することをおススメしました。

理解までの4STEP

STEP1 統計解析の種類
STEP2 統計解析の選択方法
STEP3 統計解析の実施方法
STEP4 統計解析の結果解釈

▼其の2がまだの方はこちら▼

統計学の初心者が最初にすべきこと
シロート統計学「其の2」

 

まずはSTEP1の「統計解析の種類」を勉強します。つまり統計解析にはどんな種類があるのか、ということを学びます。相手に勝つにはまずは敵を知ることです!

スポンサーリンク

統計解析の種類

医学系研究で使用する基本的な統計解析は、以下の種類でほとんど網羅できると思います。まずは「うわ!全然意味が分からん!」くらいの感覚でみて下さいね。それを期待していますから(笑)。

 

意味が分からなくても、とりあえず落ち着いて全ての語句に目を通してみてくださいね。

 

医学系研究で使う統計解析

①独立した2群間の連続変数を比較する

②対応のある2群間の連続変数を比較する

③独立した2群間の比率を比較する

④対応のある2群間の比率を比較する

⑤独立した3群以上の間の連続変数を比較する

⑥対応のある3群以上の連続変数を比較する

⑦2つの連続変数の相関を評価する

⑧比率についての多変量解析を行う

⑨連続変数についての多変量解析を行う

⑩2群間の生存曲線を比較する

⑪生存曲線についての多変量解析を行う

 

はい。以上の11種類になります。

 

恐らく初心者の方はこれだけでも意味不明な語句がたくさんあって目を覆いたくなるかもしれませんね・・。統計学を学びたいと思っている人が挫折する一番のポイントはこの見慣れない専門用語にあると思います。

 

統計学に出てくる単語って、普段は目にすることのない単語ですからね。でも、ここの理解が統計学の全体像を掴む上で非常に大切です。この11種類の統計解析の意味がなんとなくでも分かるようになればSTEP1はクリアと言ってよいでしょう。むしろ、ここが分かればSTEP2(統計解析の選択方法)もクリアできたも同然です。

 

なお「t検定」「カイ二乗検定」といった統計解析の名称はわざと載せないようにしています。今はまだ意識しなくて良いので。

理解しておくべき用語

では説明に移りますね。まず理解しやすい①~⑥について見ていきましょう。

①~⑥を読んだときに、何か共通したパターンがあったことに気が付きましたか?

 

例えば「独立した」とか「対応のある」という語句は何度も出てきていますよね。

独立した2群間の連続変数を比較する
対応のある2群間の連続変数を比較する
独立した2群間の比率を比較する
対応のある2群間の比率を比較する
独立した3群以上の間の連続変数を比較する
対応のある3群以上の連続変数を比較する

 

また「2群間」と「3群以上」という語句も何度も出ていますね。

①独立した2群間の連続変数を比較する
②対応のある2群間の連続変数を比較する
③独立した2群間の比率を比較する
④対応のある2群間の比率を比較する
⑤独立した3群以上の間の連続変数を比較する
⑥対応のある3群以上の連続変数を比較する

 

同様に「連続変数」と「比率」もですね。

①独立した2群間の連続変数を比較する
②対応のある2群間の連続変数を比較する
③独立した2群間の比率を比較する
④対応のある2群間の比率を比較する
⑤独立した3群以上の間の連続変数を比較する
⑥対応のある3群以上の連続変数を比較する

 

このように、①~⑥に関してはすべて同様のパターンで記述されています。

・「独立した」か「対応のある」なのか
・「2群間」か「3群以上」なのか
・「連続変数」か「比率」なのか

が入れ替わっているだけです。

 

つまり、この語句の違いが分かれば①~⑥の統計解析について理解できるわけです。語句の理解については次回で行います。その前に⑦~⑪についても少し触れておきましょう。

相関・多変量解析?

①~⑥は群間を比較する検定です。一方で⑦~⑪は少し特殊な検定になります。

⑦2つの連続変数の相関を評価する
⑧比率についての多変量解析を行う
⑨連続変数についての多変量解析を行う
⑩2群間の生存曲線を比較する
生存曲線についての多変量解析を行う

 

相関」「多変量解析」というまた聞きなれない言葉が出てきていますね。これらはまだ詳しく理解する必要はありませんが、簡単に言うと数値と数値の関係性を調べるものです。

 

統計解析はただ2つの群を比較するだけではなく、ある出来事に対して他の出来事がどれくらい影響を与えているのかを推測することも出来るんです。これが出来るようになると、研究の質・幅がグーンとUPします。ただ、まずは①~⑥を理解してからの方がいいかな、と思います。

 

あと「生存曲線」というのも少し特殊なアウトカムになります。今はとりあえず名前だけ見ておく程度にして、詳しくは次回以降でみていきましょう。

まとめ

と、いうわけでSTEP①では11種類の統計解析がどんなものなのかを理解していきます。今回は語句についての詳しい説明はしていませんが、どの語句を勉強すればよいのかターゲットは見えてきたと思います。

 

具体的には「独立した」「対応のある」「2群間」「3群以上」「連続変数」「比率」「相関」「多変量解析」「生存曲線」あたりですね。これらの語句についてを次回で説明していきます。特に難しくはないと思うので、サクッと理解していきましょう。

▼其の4に続く▼

統計学で理解すべき用語①
シロート統計学講座「其の4」

>>>シロート統計学講座のTOPへ戻る

コメント