理学療法士とはどんな仕事?

理学療法士とは? 呼吸リハビリテーション
理学療法士とは?

こんにちは、理学療法士のハルです。

今回は、僕の仕事である理学療法士について解説します。

理学療法士とは?

まずは理学療法士の定義ですが、日本理学療法士協会のHPでは以下のように説明されています。

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
(引用:公益社団法人日本理学療法士協会HP)

 

 

また「理学療法士及び作業療法士法」では以下のように定義されています。

「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。
(引用:理学療法士及び作業療法士法)

 

簡単に言うと、足を骨折して入院が必要となったときに、退院までに必要な運動などのリハビリテーションを行うのが理学療法士の仕事です(現在では理学療法士の職域が拡大しており、それだけが仕事ではないですが・・)。

ちなみに世間一般ではリハビリテーションのことを「リハビリ」と呼び「リハビリ=運動」と認識されることが多いですが、正確にはそうではありません

リハビリテーションは「全人間的復権」と日本語約されていますが、これではよく分かりませんよね・・・。簡単に言うと、ケガや病気なで生活の質が低下してしまったときに、可能な限りその生活の質を回復させる過程のことを指します。

運動を行う(運動療法といいます)ことはリハビリテーションにおける一手段ということになります。つまり運動療法もリハビリテーションに含まれてはいますが、リハビリテーションは運動療法だけではなく、社会復帰に向けて行う活動全般を指すというイメージです。

(そうは言っても病院などで理学療法士が患者に対して「リハビリに来ました」と言って、実質的には「運動をしてもらいにきました」という意味で使っている現状がありますが・・・)

理学療法士が行うのは運動療法の他に物理療法というものがあります。これはホットパックや超音波などの機器を用いて身体を温める温熱療法や、アイスパックなどを用いて身体を冷やす寒冷療法、また電気刺激を用いて筋肉を収縮させる電気刺激療法などのことを指します。

物理療法の実施は施設によって異なり、積極的に取り入れている施設もあれば、あまり実施させていない施設もあります。

理学療法士になるには?

次に理学療法士になるまでの過程を説明します。

理学療法士として働くためには、理学療法士免許という厚生労働大臣から与えられる国家資格を得る必要があります。

そのためにまずは専門学校や大学などを卒業し、国家試験の受験資格を得なければなりません。専門学校は3年制または4年制であり、大学は4年制です。専門学校では「専門士」、大学では「学士」の学位がそれぞれ卒業後に与えられます。

専門士と学士はどちらも理学療法士として働く際に大きな違いはありませんが、僕の職場では学士の方が少しだけ多く給料がもらえています(1~2万円/月くらい)。

ちなみに僕は大学を卒業しており、専門学校でどのような教育が行われているのか詳しくは知りませんが、やはり大学では研究の考え方などは専門学校よりも高度な内容が教えられていると思います。また大学は4年制で比較的ゆったりとしたカリキュラムですので、十分に大学生活を楽しむことができました。もちろん臨床実習や卒業論文作成はそれなりにきつかったですが・・。

専門学校・大学どちらでも、カリキュラムの前半は主に基礎医学やリハビリテーション医学に関する座学、後半は病院での臨床実習を含んだ内容となっています。

在学中の最終学年で、国家試験を受けることになります。国家試験は解剖学・生理学などの基礎医学に加え、色々な疾患に対するリハビリテーションに関する内容が出題され、マーク形式の試験になります。現在のところ、実技試験などはありません。国家試験の難易度は、ある程度対策を練って勉強する必要はありますが、2017年に実施された国家試験では合格率90.3%(受験者13,179人、合格者12,388人)となっています。

国家試験結果の詳しい内容は厚生労働省のHPを参照してください。

ちなみに近年は養成校が増加しており、理学療法を学ぶことができる大学・短期大学・専門学校は合わせて263校もあるそうです。毎年卒業生は1万4千人になる計算です。すごい数です。(2017年4月の情報)

理学療法士はどこで働いているの?

国家試験に合格したあとは、理学療法士として病院や介護施設で働く人がほとんどですが、一部の人は大学院に進学して研究を行ったり、大学や専門学校の教員になったりします。

 

コメント